長谷川内科ブログ

2011.09.11更新

この1ケ月で見た論文で印象深かったのは、Circulationの最新号でした。
それはスタチンの有効性が、組織において、活性酸素を減少させることによっている
ことを示したものである。スタチンにはプレオトロピック作用(多面的作用)と言って、
コレステロールを減らすだけでなく、様々な作用のあることは知られていた。その作用
の大本にこのようなことがあることを証明したことは実に大きなことである。

投稿者: 医療法人 長谷川内科

  • tel:052-961-5923 メールでのお問い合わせはこちら
  • tel:052-961-5923 メールでのお問い合わせはこちら
SL医療グループ 長谷川内科ブログ
アクセス 求人案内